はじめに - アンチエイジングの基礎

はじめに

はじめに

アンチエイジング(抗老化医学)は新しい医学です。

 

HRT(ホルモン補充療法)はひとりひとりに不足したホルモンだけを補充し、病気や老化によって低下した体内細胞のホルモン受け入れ状態を生理的に健康なレベルにまで回復させる療法です。

 

確かな予備知識と、信頼できる医師のもとで実践してください。まず、この注意事項をきちんと読むことから始めて下さい。

最初に読んで頂きたいこと

アメリカ食品医薬局(FDA)は、エストロゲン、テストステロン、プロゲステロン、ヒト成長ホルモン(HGH)など、本サイトで挙げられるホルモンの多くをホルモン欠乏の補充療法に使用することを認めています。一方、メラトニン、DHEA, アンドロステネディオン、プレグネノロンなどは、まだFDAから医薬品として認められておらず、栄養補給品として利用されていますが、これらも医師の処方さえあればホルモン補充療法に使用することができます。

 

ホルモン補充療法(HRT)は、定期的な血液検査で安全性と効果を定期的にモニターしながら、専門知識を備えた医師の監督の下で注意深く実施すれば、老化防止に驚くべき効果を発揮します。HRTは、私たちの体に不足しているホルモンを補うための手法であり、技術的には極めて安全性の高いものですが、過剰投与は疾患、余命の短縮など重篤な逆効果をもたらします。

 

HRTとは、文字どおりひとの体内に不足しているホルモンだけを補充し、病気や老化によって低下した体内細胞のホルモン受け入れ状態を生理的に健康なレベルにまで回復させる療法です。HRTは、ホルモン値が健常者の代謝レベル以下であることが血液検査等で確認された成人に対して有効な療法です。

 

私たちは年を重ねるに従って通常の新陳代謝の衰えを体験します。抗老化のサプリメントとして妊娠中の女性や35歳以下の人にホルモン剤を適用することは、本サイトの編集スタッフもアメリカ抗老化医学アカデミーも推奨しません。

 

本サイトは抗老化プログラムを始めようとしている人々の参考資料として作られたものです。ベビーブームに生まれた人々が7秒ごとに50代に突入している現在、抗老化市場も日毎に成長しています。これらの市場に参画する企業はその息吹を感じ取ったのです。

 

残念ながら、HGH、IGH?1サプリメント、前駆物質、作用薬、効果促進剤、分泌促進剤などとして販売されている製品の中には科学的根拠や信頼性に欠けているものがあり、その多くの成分は聖なる水(カトリックの)と変わりません。

 

HGH製品を使用する際は、医師に相談し、製品をよく検討することが大切です。発売元が信頼に足る会社であるかどうかを調べてください。そのために役立つ情報源は以下のとおりです。

 

会社の沿革と業績を調べる。
その企業の所在地の企業改革局に問い合わせる。
FDA(www.fda.gov)及びFTC(www.ftc.gov)のウェブサイトで調べる。
正当な資格を有した医師や科学者がその会社をバックアップしており、その社の製品の宣伝に自分たちの名前を使われても構わないと思っていますか?
その会社は自社製品について科学的に正しい研究結果をあなたに快く提供してくれますか?その会社の研究結果は信頼できる科学誌に掲載されたことがありますか?
その会社は自社製品の成分表をあなたに提供してくれますか?
上記の2番、3番もしくは4番の項目に対する答えが「ノー」と出た場合は、あなたのお金を浪費してはいけません。別の製品と会社を選んでください。抗老化製品市場は急速に拡大化しており、読者の皆様がそれぞれ十分注意して製品を選択することが重要です。

 

各製品の効能とリスクを理解した上で注意深く使用すること、そして、どのホルモン剤でも継続的に使用する場合には必ず医師の指導を受けるようにしてください。

 

医学はよく「プラクティス・オブ・メディシン(実践医学)」と称されますが、正確で熟練した医療を維持していくためには、再教育、再評価を繰り返し行うことが必要な分野です。本サイト情報は、最も優秀なスタッフによって書かれ、最も権威ある本や雑誌に掲載されたホルモン補充療法と抗老化治療学に関する情報が含まれています。

 

医学の進歩は抗老化医学やバイオメディカルテクノロジーの分野にもかってないほどの勢いで押し寄せています。今、生まれたばかりの乳児が大学を卒業する頃までには、この分野の知識は今の60倍ほどになっているはずです。

 

こうした急速に変化する状況の中で、私たちができることは現時点で分かっている理論や実践法をできるだけ正確に紹介することです。本書を準備するにあたって、編集スタッフは何千もの報告書や何百冊もの本を調べ、抗老化分野で世界的にトップレベルの研究者や科学者にインタビューを行いました。だからといって、本サイトに掲載されている資料が100%正しいとか安全であると思わないでください。すべての人にとって安全な製品はありえません。本サイトは医学的助言を提供するためのものでもなければ、あなたの主治医の助言に代わるものとして使用されるべきでもありません。

 

本サイトに紹介されたプログラムや療法のいずれかを始めたいと思われる方は、まず十分な知識を持った医師に相談することです。その医師を最良の健康と長寿を目指すあなたの旅のパートナーとし、その指導の下に本サイトに述べられているアイディアを活用してください。

 

 そうすることによって、あなたは抗老化医学というこの新しいヘルスケアを通じて最大限の長寿と健康を達成するための最も賢明で力強い道への第一歩を踏み出すことになります。

 

あなたの住んでいる地域でアメリカ抗老化医学アカデミー(A4M)に所属する医師を見つけるには+1-773-528-4333に電話して、A4M医師名簿及び参考資料ガイドをご請求ください。また、A4Mウェブサイトでオンライン化された医師名簿もご覧ください。

 

A4Mウェブサイトを訪ねて、抗老化医学というエキサイティングで新しい医学分野のことをもっと詳しく学んでください。

 

www.worldhealth.netでは、加齢に伴う消耗性疾患の早期発見、予防、改善に関する情報や、これらの障害に関わる製品やサービスについての参考資料を紹介しています。

 

抗老化学の学問と診療は、現実的で客観的かつ完全に信頼できるものです。しかし、各人が自分に適したプログラムと医師を選び、自分にふさわしい栄養素と薬物を注意深く選択することが必要です。本書を上手に活用すれば、抗老化についての情報、製品そして各種サービスに詳しくなれる筈です。

 

wakagaeri.com チームスタッフ
「10週間であなたは若返る」より
 
*訳註1:日本ではエストロゲン、プロロゲステロンのみのHRTが更年期障害の婦人に対する治療として保険適応となっています。しかしながら、その他のホルモン補充療法には一部の先進的な専門医以外では一般的に行われておらず、保険の適用もありません。メラトニン、DHEA、プレグネロンに至っては、医薬品としてだけでなく栄養食品としても国内では認可されていません。合法的にはごく一部の専門医が自らの裁量権で処方しているにすぎません。
*訳註2:HRTというと、日本では婦人科のエストロゲン、プロゲステロンを用いた更年期の治療を一般的には指しますが、本サイトではその他全てのホルモン補充療法を指すものとします。

関連記事