成長ホルモンはこう作られる

成長ホルモンはこう作られる

若返り.com > アンチエイジングの基礎 > 成長ホルモンはこう作られる

ホルモンとは

ホルモンとは、身体の一部で作られ、身体の他の部分に何をすべきかを伝える化学的なメッセンジャーです。ホルモンは、いったん目的地にたどり着くと、レセプターと呼ばれる細胞上の特別 な場所と結合し、特定の代謝活動を促進します。ホルモンは、性や生殖、成長や発達から代謝や気分まで、人間の機能のあらゆる側面に関わっています。

 

有名な例に、インシュリンというホルモンがあります。インシュリンは、血液中のブドウ糖のレベルが上がると、それに反応して膵臓の内分泌細胞で作られます。そして、細胞が血流から糖分を吸収するスピードを調整するのを助けるのです。

脳が作る神経ホルモン

HGHは、もっとも豊富なホルモンで、脳の中心部にある下垂体腺で作られます。下垂体細胞(ソマトトロープと呼ばれる)は、HGH、別 名ソマトトロピンを作ります。

 

ソマトトロピンとは、「身体に向かう」という意味のギリシャ語から作られた言葉です。下垂体の細胞の50%はソマトトロープなので、HGHは下垂体腺によって作られるホルモンでも一番多いものになるのです。

 

研究者たちは、HGHの生成ピークが青年期の急激に成長する時期と一致することに、ずっと前から気づいていました。だからこそ、このホルモンにはこのような名前が付いたのです。HGHの分泌は、ほとんどの場合、短時間に爆発的に、あるいは波状に起こります。

 

これは、もっとも深い睡眠に入った最初の数時間に起こります。たしかに、「寝る子は育つ」という古いことわざは、事実に基づいているようです。

PR

プレミアムカードを作るならプラスチックカードがおすすめ!
大きさはクレジットカードサイズ。お財布に入れてもへこたれない。
プラスチックカードを作るなら日本全国どこでも送料無料の日本カード印刷へ

関連記事