HGHと老化

HGHと老化

HGHと老化について

HGHは、現在までに調査されたすべての種類の動物で、年齢と共に低下していくことがわかっています。人間では、21才から31才までの年代を過ぎると、HGHの量 は十年ごとに約14%ずつ落ちていき、24時間のHGH総生成率は60才までに半減します。

 

数値にすると、20才ではHGHの生成は一日に約500マイクログラムですが、40才では200マイクログラム、80才では25マイクログラムになります。老化に伴うIGF-1の低下は、HGHの低下を反映しています。  

 

HGHの使用における先駆的な研究者、ダニエル・ラドマン(Daniel Rudman)博士は、プラズマIGF-1の値が350以下であるのは欠乏症の証拠とみなしました。20才から40才まででは、IGF-1のレベルが350以下なのは、健康な男性の5%未満です。

 

しかし、60才以上になると、見たところ健康な男性のうち30%が、このように低い量 になっています。そして、65才以上では約半数が、部分的あるいは全体的にHGHが欠乏しています。

リンク集

冬の風物詩ともいえるカニ鍋。そんな鍋のカニを買うなら通販サイトがお勧め!
なかには、このボリュームでこの価格!という驚きのコストパフォーマンスのサイトも・・・
カニ好き管理人がカニ通販ランキングはこちら。

関連記事