消耗説

消耗説

消耗説とは

この説は1882年にドイツの生物学者オウグスト・ワイズマン(August Weismann)博士によって始めて紹介されました。彼は人の身体と細胞は酷使と乱用によって損傷するものだと信じたのです。

 

肝臓、胃、腎臓、肌などの器官は食品や環境に含まれる毒素によって消耗する、脂肪、砂糖、カフェイン、アルコールなどの取りすぎ、ニコチン、代用の紫外線、その他の身体的及び精神的ストレスによって体内器官も細胞も消耗してしまうという学説です。

 

たとえ、決してタバコも吸わない、ワインも飲まない、紫外線は避ける、自然食品だけを口にするという生活をしていたとしても、身体は毎日使用するだけでも消耗するし、酷使すれば消耗度はもっと激しくなります。体が歳をとれば、どんなに健康的な生活を営んでいても、体内の細胞は疲れを感じます。

 

若者の体は新陳代謝が活発であるために、通常の疲れも酷使した後の疲れもすぐに回復します(飲み過ぎや食べ過ぎが夜通し続いても若ければ回復が早いのはそのため。) 歳をとると、食物、環境、バクテリア、ウィルスなどあらゆるものから受ける損傷かを治癒する能力が衰えてきます。若い頃は克服できたはずの病気で多くの老人が死ぬのはそのためです。

 

こうした体の消耗は本書に述べられた適切な栄養補給さの他の治療で改善することができます。これらの治療法を正しく実践することによって、体内の器官や細胞の治癒能力を高めれば、老化を逆行させることができます。

リンク

難波・リラクゼーションサロン”オアシス”へぜひお越しください。あなたの日頃の疲れや肩こりなどによる不調を一気に解消いたします。安らぎある空間と確かな技術で満足いただける癒しのひと時をお過ごしください。
リラクゼーションオアシス

関連記事