遺伝子支配説

遺伝子支配説

若返り.com > 老化の5大学説 > 遺伝子支配説

遺伝子支配説とは

この規定老化説は、わたしたちのDNAの中にはすべてがプログラムされているというものです。わたしたちはそれぞれ一定の身体的精神的機能をあらかじめ組み込まれた特殊な遺伝子コードを持って生まれてきます。

 

そして、その遺伝形質によって、どれほど早く走れるかや、どれほど長生きできるかが決定されるという説です。比喩的に言えば、わたしたち一人一人は最後には自滅するようにあらかじめプログラムされたロボットのような存在としてこの世に生まれてきたのです。

 

誰もが自分の命の時計を持っていて、一定の時が過ぎるとベルが鳴るようにセットされています。そしてそのベルが鳴るとまず老化が始まり、ついには死が訪れます。

 

しかし、すべての遺伝継承の問題と同様に、この遺伝子時計が鳴り出す時間は、私たちの成長過程での出来事や実際の生活状態によって大きく左右されます(古くから言われている「先天性」因子と「環境」因子の問題です)。

 

この問題に対して、抗老化医学では、各細胞の中のDNAの構成ブロックを増加させることによって、DNAへの損傷を阻止し、修復力を増加させます。この方法で、抗老化治療は遺伝子によって決められた私たちの寿命を少なくともある程度は先送りすることができるのです。

 

リンク

技術に定評がある樋口精機の金属加工は多種多様の曲げ加工はもちろん、溶接の仕上げも可能です。
金属加工なら樋口精機

関連記事