フリーラジカル説

フリーラジカル説

若返り.com > 老化の5大学説 > フリーラジカル説

フリーラジカル説とは

抗老化研究におけるこのエキサイティングな学説はネブラスカ大学医学部のデンハム・ハーマン博士(Denham Harman)によって明らかにされました。

 

「フリーラジカル」とは、自由に動き回る電子を持った分子構造のことです。フリーラジカルは非常に不安定で、他の分子とすばやく反応しやすく、破壊的な作用をもたらします。

 

電子エネルギーのバランスがとれていないフリーラジカルは、体内の細胞を駆けめぐって自分に合った電子を盗みだし、電子的均衡を得ようとします。

 

自分のバランスを得るためには、他の安定した分子でも構わず粉砕します。その過程で更に多くのフリーラジカルを生みだし、破壊活動を更に続けて行くわけです。別 の見方としては、フリーラジカルの与える損傷を酸化、つまり、物質に酸素を加えるプロセスとして考えることもできます。

 

酸化は腐蝕と言い換えることができます。ある意味で、老化はかつて完全な形だった金属がさびついていく過程に似ています。

 

なぜなら、酸素自体の形がフリーラジカルであり、実際には私たちが生きていくために欠かせない呼吸や、健康的といわれるエアロビック体操からも老化につながるフリーラジカルが生じているのです。

 

酸化による悪影響を阻止する物質は抗酸化剤として知られています。天然の抗酸化剤としては、ビタミンC、ビタミンE,ベータカロチン(私たちの体がビタミンAを作りだすために必要な物質)などです。

 

抗老化医学の専門家たちは、天然の抗酸化剤や量産された抗酸化剤を多数処方して老化防止に役立てています。更に、フリーラジカルを除去する物質を使ってフリーラジカルを探し出して拘束し、他の分子を攻撃したり、有害な橋かけ反応を生じることができないようにします。

ツール

簡単8ステップで素早く会社設立。会社設立のプロが設立手続きを完全代行いたします。2から3カ月で会社登記が完了します。
そこが知りたい!!中国の会社設立詳細はこちら

 

関連記事