老化の5大学説を考える

老化の5大学説

若返り.com > 老化の5大学説

消耗説

この説は1882年にドイツの生物学者オウグスト・ワイズマン(August Weismann)博士によって始めて紹介されました。彼は人の身体と細胞は酷使と乱用によって損傷するものだと信じたのです。

» この記事の続きを読む

神経内分泌説

ウラジミール・ディルマン博士(Vladimir Dilman)は、内分泌系に焦点をあてて消耗説を更に発展させています。内分泌系とは、ホルモンその他主要分泌物の放出をつかさどる生化学物質で構成された複雑

» この記事の続きを読む

遺伝子支配説

この規定老化説は、わたしたちのDNAの中にはすべてがプログラムされているというものです。わたしたちはそれぞれ一定の身体的精神的機能をあらかじめ組み込まれた特殊な遺伝子コードを持って生まれてきます。

» この記事の続きを読む

フリーラジカル説

抗老化研究におけるこのエキサイティングな学説はネブラスカ大学医学部のデンハム・ハーマン博士(Denham Harman)によって明らかにされました。 「フリーラジカル」とは、自由に動き回る電子を

» この記事の続きを読む

老化のテロメラーゼ説

老化に関する新しい学説で、抗老化医学の分野にとって多くの可能性を秘めているのがテロメラーゼ説です。 この学説は遺伝子工学と遺伝子操作の進歩によって生まれました。染色体の末端から延びている一連の核

» この記事の続きを読む